黒髪

短くても肩上ボブ止まりの人にショートボブがいい理由


短くしたいけどなりすぎるのは不安。

見慣れないような長さになると似合っていようが落ち着きませんよね。

顔の輪郭が出たり首に髪がからなくなったり、ショートにすると変化が大きいです。

「それでも短くしてみたい!」

そんな方には短すぎないショートヘアが最適!

すっきりしてるけど、違和感が少ない。

そんな長さのヘアスタイルです。

 

ずっとボブにしてきたけれど

短くしても肩上のボブ。

「冒険はないが安心できる長さだから続けてきた。」

そんな方も多いのではと思います。

自分になじみがある髪型は不安がないですが、まぁこうなるよねと新たな期待も少ない。

「今までの自分をいかしつつ、新しい髪型にもチャレンジしてみたい!」

そうするには、長さを短く切る必要があります。

ショートヘアにも色々なものがあり、

ショートとボブの中間

の短いけど長くとないショートボブが今回の場合に最適。

 

後頭部の丸みがちょうどいいところに

すっきりしてるけど適度に長さのあるヘアスタイル。

丸みがあるので顔の輪郭や骨格をカバーし小さくみせる効果があります。

髪の量をしっかりと減らしているのでドライヤーの時間はかなり短縮され、毎日の手入れが短時間。

利便性も高いです!

 

また、これは上の髪が長くなっています。

こうすると後頭部の丸みが真ん中より下になり、短過ぎる感じがしません。

えりあしは短くてもそう切っておけば、違和感少ないショートヘアになるんです。

上が長いと寝ぐせをなおしやすい特徴もあります。

長いヘアスタイルに比べショートボブは朝濡らして乾かす機会が多いです。

でもみなさまおっしゃいます。思ってたより寝ぐせがつかないと。

くせは短い方がつきやすいです。なのでこれより短いと一からセットする必要がありますが、

夜しっかり乾かしておけばその必要が少なくなります。

「切ってみたら思ってたより大丈夫」

そんな髪型がショートボブです。

 

少しずつ変えてみたらいい

カットする時におすすめなのが、少しずつ変えていくこと。

新しいスタイルは見慣れません。

なので、少しでも今までの雰囲気を残し違和感を減らしておくと気持ちが落ち着きます。

特に短くしてもボブまでしかしたことがない方は、一度に短くするより段階を踏んだ方が自分に似合うものをみつけやすいです。

無理せず少しだけチャレンジしていきましょう!



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-黒髪

© 2022 ショートヘアのトリセツ