黒髪

黒髪ショートにするといつも重くなってしまう方への対処法

黒髪ショートにして困ったことはありますか?

そう聞くと「伸びると重くなってくる」と答える方がとても多いです。

黒というだけで明るい髪よりも重くみえてしまうもの。でも黒髪でいたい!中には染められない事情がある方もいます。

このように伸びきったショートヘアは膨らみ頭が大きくみえ、顔の印象が重くなってしまいます。

それをカバーするには、軽くみせることが必要です。

ではどうやってするのか?ここでパーマが大活躍します。

黒髪には動きを出すパーマをかける

パーマといっても仕上がりは様々です。

毛先をクルンとさせたり、ふわっと柔らかくしたり、ウェーブにしたり。

黒髪を軽くみせるには動きを出すパーマをかけること。ちょっとふわっとするようなパーマは黒髪の場合ぼさっとして見えやすい。

髪が明るいとふんわりみえるんですが、広がるくせ毛っぽく見えてしまいやすいのでぼくはあまりオススメしてません。

「パーマかけたんだね!」と気づかれるくらいしっかりかけた方が重い黒髪を軽くみせれるので、今回はそのようにしています。

1番かけなくてはいけないのがトップの部分

かける前と比べると、スッキリと生き生きした雰囲気にみえますね!

黒髪の重さもなくなり、バランスが良くなりました!

ショートヘアの良い悪いを決めてしまうのがトップの部分。ここがどうなってるかで印象を大きく左右してしまいます。

これは、横顔にも大きく影響してきます。

ボリュームの出方は両方同じくらいですが、重くみえる状態でふんわりしてるのと、動きが出てふんわりしてるのでは、見た目の軽さが違います。

もともと重くなってしまう黒髪の弱点をカバーするには、このような質感に仕上げてしまうのがいいです。

今回はデジタルパーマでかけました。髪質によっては通常のパーマがいい方もいます。

「パーマをかけてうまくいったことがない…」

そんな方は髪質に合ったパーマ方法をとられてないことがほとんど。

それに最適な方法ができれば、その黒髪は大きく変わることができます。

ツヤがある。髪がきれいにみえる。そんな良さをいかしながら、重さをなくして素敵なショートヘアにしていきましょう!



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-黒髪
-

© 2022 ショートヘアのトリセツ