黒髪

【いつもより長持ちする!】黒髪ボブの重い原因はえりあしにあった

ボブにしていると後ろが重たくなるとカットしたくなりますよね。特に黒髪だとなおさらなはず。

髪の毛は後ろの方が毛量が多く、髪も太く硬いため伸びてそこがボテッとするのはある意味仕方がないこと。とはいえ、えりあしや耳後ろが膨らんでくるは気になります。

少しでもそうなることを防ぐには、あらかじめ後ろをスッキリさせたボブにしておくといいです。

まっすぐなボブは重くなりやすい

前回カットしたのは2ヶ月前。まっすぐなボブにすると伸びるとこのようになります。

やはり、後ろが重くなっていますね。えりあしに生えぐせがある方はそろそろはねてくる長さでもあります。

ボブを少しでも長持ちさせたければ、この部分を短くなるようにカット。髪が伸びるのは1ヶ月におよそ1センチ。

ほんの少しでも短くすることで、まっすぐに切っている時よりも数週間気にならないとも言えます。

これが、ボブを長持ちさせるための秘訣です。

それは、前下がりボブというヘアスタイル

後ろがスッキリしているボブは前下がりボブと呼ばれています。人気のスタイルなので聞いたことある方がほとんどでしょう。

まっすぐなボブよりも軽く見えたり、後頭部にボリュームを出す効果があります。また、シルエットは丸みができてバランスも良くなりました。パッツンの時の幼い印象もなくなり、大人っぽくしたい時にも最適です。

前下がりにすると顔周りの髪は長めに残るので、顔型もカバーできるという嬉しい効果もあるんです

どんなボブにしたいか考えてみよう

ボブにしたいなという時は、【どの長さが似合う】だけでなく、伸びた時にどうなっていたいかも考えてみるもオススメです。

乾かしやすいなどの利便性、シルエットを重視したデザイン性、持ちがいいという再現性

何を優先するかで後ろのデザインはかなり変わってきます。

色々ある中で、重くならないことを優先するのなら、今回のようなえりあしがすっきりした前下がりボブが1番むいていますよ。

なりたい髪型にするのはもちろんのこと、【その後どう過ごしたいか】という未来のことも大切にしています。今回のような黒髪でも、できる髪型はたくさんあるんですよ。

重くなる原因さえなくなれば不安も減ります!黒髪ボブ、安心して楽しんでくださいね!



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-黒髪
-,

© 2022 ショートヘアのトリセツ