黒髪

黒髪ボブにしても重くみせないたった二つの方法

「黒髪ボブは重くなるのでは?」

 

そんなイメージがあるようですが、いやいやそんなことはありません。

 

重くなりやすいのは確かですが、シルエットによっては問題なくいけちゃいます。

 

そのためには、

 

【なるべく肌をみせる】

 

【レイヤーを入れて毛先に動きを出す】

 

この2つが欠かせません!そんなカットで変身させていこうと思います!

お子さんが産まれたばかりでなかなか切れなかったとのこと。

 

時間がなく手がかけられないからこそ、ステキなヘアスタイルに仕上げてきれいでいてもらいたいなと思います。

 

顔を隠さないこと

黒髪もボブも重く見える要素があります。

 

ですが、それ以外にも髪で顔を隠しすぎることも原因になるんです。

 

黒髪でなくてもボブでなくても、顔がたくさん隠れると重く見えるもの。

 

それをより強調するのが黒髪やボブなので、このヘアスタイルにする時は特に肌をみせるようにしています。

 

1番簡単に肌をみせるには前髪を短くすること

 

慣れない方もいるでしょうが、これが軽くみせる効果がとても高いです!

ギザギザ前髪がチャレンジしやすい

肌の見せ方は様々。

 

眉毛を隠すくらいにしてまぶたをみせたり、おでこが見えるくらい短くすることも。

 

この時に、ぱっつん前髪で眉毛がみえると難易度高め!慣れてない方は抵抗を感じやすいです。

 

それよりも毛先をギザギザにして自然に見せた方がチャレンジしやすいですね。

 

最近では、短い前髪も流行ってますし抵抗ない方も増えてきた気がします。

ぱっつんボブにならないように

もう一つ軽くみせる方法は、重くないボブに仕上げること。

 

実にそのまんまですねw

 

ポイントは、ぱっつんボブのようにすると最も重く見えてしまうので、レイヤーというカットをし軽やかにしていくこと。

 

一直線なボブではなく、少し丸みがあるのがおわかりでしょうか?

 

レイヤーカットをすると、このように仕上げることができるんです。

 

重くみえるボブは四角い形、軽いボブは丸い形をしています。

 

このバランスをうまくとることで、ボブでも適度な軽さを感じられる仕上がりにしていけるわけなんです。

大切なのはバランス

重くみえるには必ず理由があります。

 

逆を言えば、その理由を無くしてしまえば軽くみえるということ。

 

かといって軽くし過ぎるとボブらしさがなくなってしまう。

 

なので黒髪ボブを軽くみせるにはバランスがとっても大切なんです。

 

短くするとどうしても顔を隠したくなりますよね。でもそれが良くない方向にいくこともあります。

 

ショートやボブにする時はあまり保守的にならず「もういっちゃえー!」というような思い切りの良さがあるとよりよい仕上がりになることも多いです。

 

無理に切ることはないけれど、いくならばいってしまった方が、満足のいくヘアスタイルになるんだなとお客さまを見ていてとても思うこの頃です。

 

 

 

 

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-黒髪
-,

© 2022 ショートヘアのトリセツ