黒髪

ショートヘアって2ヶ月経ったら切るところたくさんありますよね

ショートヘアにしていて髪を切ると周りに伝えると「どこ切るの?」と言われることってよくありますよね。

 

これはショートの人しかわからない感覚です。なぜなら2センチ伸びただけでとても重く感じるものだから!

 

見た目の長さじゃないんですよね。短いながらに重いものは重いんです。

 

前回切ってから2ヶ月半ほど。

 

伸びても見た目はショートヘアですが、だいぶ伸びました。

美容師をしていて大事にしたいなーと思うことは先入観を持たないこと。

 

今回でいえば、「短いから切るとかあまりなさそう」と思うのではなくて、「この長さでも重いと言うには何が理由があるんだろうな」と疑問を持つこと。

 

それは長年のお客さまも同じ。なんでもわかってくれるという存在でありつつも、どこか客観視する自分を持ち、話を聞くようにしてます。

 

可愛くしたり素敵にしたりするのは大前提として、その時の気分というものがありますから、「この人はこうだな」みたいな先入観があるとそれを感じとれないんです。

 

今回のカットは、顔まわりは残して後ろをすっきりさせたいということでしたので、そのように切りました。

 

「短いけれど切るとやっぱ変わったなー」

 

そんな仕上がりになりました!

地毛に近づけていきたいとのことでカラーは暗めに。

 

そうすると重くみえるので柔らかい質感なるようなカットをしてあります。

 

全体的に2センチくらい切りましたが、これが1センチでも5ミリでも切るところは必ずある。

 

それを初めから「切るとこあんまないなー」なんて思ったらそれこそ切る髪が見えてきません。

 

いつでもフラットに見て、その時の最適なヘアスタイルにカットするように考えることが、ショートヘアをたくさん切っていて必要なことだなーと感じます。

 

えりあしを少し切っただけ。

 

横を少し切っただけ。

 

それだけでシルエットが変わるのは短いヘアスタイルならではのこと。

 

切るたびにイメージが変わるとても面白いヘアスタイルです。ショートヘア最高だ!



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-黒髪
-,

© 2022 ショートヘアのトリセツ