黒髪

【硬くて直毛で黒髪】ふわっとショートヘアにはパーマが必須!

直毛をふわっとさせるにはパーマはかかせません!

「柔らかいくせ毛の人が羨ましいなぁ…」

髪がまっすぐなのは悩みにもなりますよね。
 


黒髪で髪がまっすぐだと硬い印象にみえませんか?

好んでそうしているなら問題ないですが、中にはそうでない方も多いはず。

カットだけでふわっとさせるには、やはり限界があります。

【髪型】を変えることはできますが、【髪質】を変えることはできない。

硬い髪質を変えるには、カットだけでなくパーマも必要なんです。

ショートカットのパーマは持ちが悪い?

だいたい2〜3ヶ月くらいのもちです。

ちなみに、ロングヘアの場合は4ヶ月くらい。

長い髪型に比べて短い分、パーマのかかる部分も少ないため、もちが悪いとされるのでしょうか。

やはり、かかっている部分が多い方が長持ちしますから、他の髪型に比べると期間は短いでしょう。

とにかく簡単にふわっとできる!

パーマをかけたい理由は、スタイリングを楽にしたいからではないでしょうか?

硬い髪質のあなが、忙しい朝の時間でふわっとさせるのは至難のわざ!

これが、ドライヤーで乾かすだけで良くなれば、かなり時短になるはずです。

さらには、雨の日にも大活躍してくれます!

いつもは湿気でペタンコになってしまいますよね。

パーマをかけていると、湿気がある方がふわっとしやすいです!

それは、湿気を含むとパーマが強くでやすいから。

普通なら髪が決まらず憂鬱な朝をむかえるけれど、

これならモヤモヤが一つなくなり、いいスタートを切れますね!

後ろの髪をコテで巻くのって難しい

美容室の仕上がりはとっても気に入るけど、家で同じように巻いてもうまくいかない…

それもそのはず。

目に見えない後ろの部分を綺麗に巻くのはとっても大変です!

僕でもやれと言われたらできる自信ないなぁ〜。

なので、パーマがあるんです!

美容室の仕上がりと全く同じにはならなくとも、限りなく近づけることができます。

絶妙なふわっと感が最近は特に人気があります。パーマはそんなニュアンスヘアを表現しやすい技術です!

自分でやってもできるパーマヘアを、僕はやらせていただきます!

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-黒髪

© 2021 ショートヘアのトリセツ