【7月不在日】1,8,15,22,29【静岡出張】30,31

【カラーがしみるを無くしたい!】オーガニックHカラーを始めました。

美容室の不快な点をゼロにしていきたい。

そんなことを思いながら毎日仕事をしています。

その一つといえば、カラーがしみること

ぼくもそうなのでよくわかりますが、これはほんと嫌です。

できればそれを避けて髪を染めたい。

そんな敏感肌の方に向けたカラーを導入しました。

ヒリヒリする感じが本当に少ない

Hカラーといいます。

この特徴は、

  • しみにくい
  • 臭いがとても少ない
  • ダメージが少ない
  • 透明感のある仕上がり
  • ツヤがでる
  • 明るさによっては白髪も染まる

カラー剤は世にめちゃくちゃ発売されていて、ツヤが出たり仕上がりがきれいなのはもはや当たり前。

色の質感がメーカーによって若干違うので、好みの問題ですね。

ぼくがいいなと思っているのは、刺激もダメージも臭いも少ないという、

カラー中の時間が快適に過ごせる点です。

100%全員が刺激を感じないことはないですが、多くの方は安心して行うことができます。

塗りながら罪悪感を感じている

通常のカラーでしみるぼくとしては、

このしみるものをお客さまの頭皮に塗ることにちょっと罪悪感を感じています。

大半の方は「しみないですー」と言ってくれるのですが、

中には気をつかって言ってくれてる人もいるよなーとか思います。

なので、このカラーなら塗る側としても不安な気持ちなくやれるので塗っていても心地が良いです。

でも、完璧なものでもない

優しく染まるということは、弱点でもあります。

ある程度の強さがあるから、実現できる色味がありまして、

例えばグレーや濃いアッシュ。

ブリーチを使うような明るいカラーなどはこのカラー剤では実現は難しいです。

ナチュラルにきれいに染めたい方には最適だけど特殊な色味はできないので、

それをご希望の方は今までのものが良いです。

柔らかい質感が特徴

アッシュとグリーンを使い赤味を抑えた仕上がりです。

暗くしたいけど柔らかさを出したい方におすすめ。

 

パープルとアッシュを混ぜた仕上がり。

明るさはキープしつつ、黄色味を抑え透明感ある色味になります。

 

ナチュラルなブラウンに染めました。

落ち着いた印象にしたい時に最適です。

 

オレンジを強めに使ったレッドベリーの仕上がり。

赤味の発色がとてもいいので、レッド系にしたい方にも相性ばっちり。

 

いつ痛くなるかわからない

今まで何ともなくても急にしみてしまうこともあります。

このカラーでも絶対にそれを防げるわけではありません。

でも、その確率をかなり減らすことができます。

美容室の時間を心地よく過ごしてもらうため、

また髪の毛を大切にしてもらうために、

このカラーで再現できる色味であればこちらをご提案させていただきます。

イタリアのオーガニックブランドローランドのHカラーのご案内でした。