【7月不在日】1,8,15,22,29【静岡出張】30,31

ショートヘアにしたけど垢抜けないのはなぜ?

 ショートヘアにしたけど垢抜けないのはなぜ?

 中途半端に長くしていませんか?メリハリをつける必要があります。

 

ショートヘアにしたものの垢抜けない。

思い切ってカットしてみたものの、そう感じる方はたくさんいます。

それにはやはり理由があり、髪質や毛量が大きく関わっているのです。

重いとイマイチな感じに。

垢抜けない。

簡単に言うとおしゃれでない状態。

ショートヘアを垢抜けるようにするには、メリハリをつけることが欠かせません。

写真のように全体的に重くぼてっとしといると、頭が大きく見えてしまいイマイチな仕上がりに。

これは、特に髪が多かったり硬かったりする人がなりやすいです。

髪の量をしっかり減らし、毛量を調整することで解決できるので、

しっかりとカットすることが必要です。

肌を見せるとメリハリがつく。

垢抜けないショートを解決するには、まずは肌を見せるような髪型にします。

えりあしはスッキリとさせ、毛先はシャープにし肌を髪の隙間から見えるようにする。

また、後頭部を丸くしあげ横顔をきれいに仕上げる。

こうすると全体的にメリハリがつき、おしゃれな雰囲気が出ます。

 

首を出すなら出す。

えりあしを短くするならきちんと短くする。

これをするだけで全然違うものになります。

よくある失敗が、短くするのが怖くて中途半端な長さにしてしまうこと。

ショートヘアは不思議なものでその時の心境がそのまま仕上がりにでます。

垢抜けるにはある種の勢いがいります。

「思い切って切った!」

そんな想いが仕上がりにあらわれ、垢抜けたヘアスタイルにつながります。

ちょっとだけ攻めてみる

確かに不安かもしれないけれど、その殻を破ることが今までの雰囲気を一蹴し、垢抜けるということ。

だから、自分で思ってるよりも少し短いくらいがちょうどいい。

前髪を少し切ってみる。

フェイスラインを短くしてみる。

「でも、そんなことをしたら顔を隠さなくなる…」

そんな声が聞こえてきそうだけど、実はそれが大事。

顔を出すことで自分らしい雰囲気が出る。

それをよく見せるヘアスタイルにする。

周りとは違うその人らしさがでること。それが垢抜けるということです。

だから、隠せなくなることは悪いことではないんですよ。

そして、それをうまくカバーするためにショートヘアがあります。

ちょっとだけ攻めてみて、垢抜けてみてはいかがでしょうか。