その他

ほどよく黒髪を明るくするために必要なのは○○という方法だった!

【明るい黒髪】

「明るかったら黒髪じゃないじゃん!」

なんか矛盾してるけど、決して茶髪ではないんです。
地毛にしていきたい!黒髪に戻したい!

そんなオーダーが多い中で、重く見えたくないと思う方も同時に多いです。でも黒くしたら重くなるというのが事実。

最近の黒髪は、黒髪であっても黒くないという不思議な髪色。それは一体どんなものなのでしょうか?

ハイライトという技術を使うと解決する

黒髪に染めてるんですがなんかぼやっと明るく見えますよね。これがハイライトという明るい筋を入れた染め方。

「あっ!いわゆるメッシュですね!」

そうです!あまり派手でないメッシュです。黒髪より少し明るい色でハイライトをいれたらぼんやり明るくすることができます。

このアルミホイルで包むやつです!一度は見たことあるんじゃないですか?

全部を茶色くするといわゆる茶髪になります。

あくまで黒髪っぽくするには黒髪の中に明るい筋を入れて、黒髪とブレンドさせると明るい黒髪ができあがる。

雑誌でみる黒髪のモデルさんはほとんどこのカラーリングをしています。ふわっと明るく見えるので重く見えづらいんですよー!

重く見えるボブとも相性が良い!

「黒髪にもしたいし、ボブにもしてみたい。でもこれって重くて見えますよね…」

そんなことを解決するために、ちょこっと茶色く見せていくんです!光があたるとボヤーっと明るくなりますから、透明感が出て軽く見えますよ。

最近は昔の就活生がしてるような黒染めみたいな染め方はしてません。

カラー剤もバリエーションが増え黒になりすぎないものもたくさんです。あなたがお持ちの黒く染めるイメージは捨ててしまっていいでしょうね!

「品良く大人に感じにしたいわ!」

そんなご希望をかなえられるカラーリングです!質の高いツヤ髪を手に入れるために、明るい髪色は卒業してもいいかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-その他