ショートヘア

鏡の前の恥ずかしい時間。これはあなたにとって必要な時間。

「美容室で鏡の前にいるのが恥ずかしいですよね」

髪も濡れて、ケープもつけたらお顔があらわになってしまう。 男の僕でも同じ思いです。

カットをする際、お客様からこんなことを言っていただきました。  「ケープに手を通さないんですね!」

なかなか言われないのでハッとしましたが、実は深い訳があるんです。

ちなみにケープというのは、カットする時につけるやつですね。

「手に髪の毛がつかないように、中にしまってください」  お客様にはそうお伝えしています。  では、このように手を入れないとどうなるでしょうか?

美容室でお客様が恥ずかしいと思う状態に

そうです。  髪も濡れて、あらわになる感じが何ともいえませんよね…  手を出したら雑誌を読んだり、スマホをいじったりできるので気がまぎれます。  でも、出さなかったらもう鏡の前に座っているしかありません。  「恥ずかしいからやめてほしい!」  と、聞こえてきそうですが、ここはご勘弁を!

忙しい時間の中で、自分と向き合ってますか?

普段はそんなことないですが、ここだけはドSな竹澤です。  カットしている数十分くらい、ぜひ他の情報をシャットダウンしてご自分と向き合うのです。

「顔がむくんで、大きくみえる」  「あれ、肌が荒れている」  あなたも忙しい毎日を送っていますよね。

純粋に自分と対峙して、ぜひ見つめ直す時間にしていただきたいなと。

きっと思っている以上にお疲れなはず。  無理し過ぎてないか、頑張りすぎてないか、 何かに気づき見つめ直すことで、あなた自身をより大切にしてもらえたらいいなと思ってます!

お顔の形に細かく合わせていくため

もう一つは、カットをきちんとあなたに似合わせるため。

ショートヘアはほんの少しの長さの違いが命取り!  下を向いて雑誌を読んだ状態では、なかなか合わせることが難しいです。

あなたが自分と対峙している時間、僕は最高のカットをしていきます。  一人ひとりお顔のパーツは細かく違うため、カットの仕方もそれに合わせなきゃですよね!  恥ずかしいのはわかってます!

でも、それが良かったと思ってもらえるように最善を尽くしますので、どうかお許しを!

美容室に来られる理由も人それぞれ

今日来ていただいたお客様です。

カットとカラーだけでなく、今日はヘッドスパもしていただき、  綺麗になることだけでなく、【癒し】も提供することができました。  僕のお客様は色んな方がいらっしゃいます。

  • 楽しく過ごしたい方
  • ほっといてほしい方
  • 前向きな気持ちになりたい方
  • 抱えたストレスを受け止めてほしい方
  • カット姿を見るのが面白いという方
  • 仕事をしていたい方

書ききれませんが、きっとお客様の数だけあるはずです。  髪を切る以外に美容室に行きたかったりしませんか?  その想いにしっかりお応えできるよう、カットはもちろん、

それ以外も満足していただけるよう頑張ります!



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-ショートヘア

© 2022 ショートヘアのトリセツ