ショートヘア

女性はロングであるべき論がまだ染み付いてる現代について思うこと

 

今日のお客さまがこんなことを言っていた。

 

「短くするとボーイッシュになってしまうのは、なんとかならないかなぁ?」

 

ふむふむ。スタイリング剤で髪にツヤを出したり、耳にかけて横をタイトにしたりすると品の良い雰囲気が出ますよー。

 

と色々お話したがあまり答えになってなかった様子。

 

どうしたもんかなと引き続き話を聞いてみると、1つの答えが出てきました。

 

それは、女はロングであるべき論を持つ男性ばかりの環境にいるため、短くするのは女性らしくないのではというレッテルを貼られてしまっていること。

 

うーんまだその考えの人がいるのか。昭和の男性の考えだなぁ。

 

正直、そう思ってしまいました笑

 

ここ最近、ショートヘアがだいぶ一般的に広まり昔よりハードルが低くなってきています。

 

芸能人やモデルさんのショートを見て、短い女性も可愛いんだなと感じる男性も増えている。(波瑠ちゃんや長澤まさみちゃんは特にいい感じのヘアスタイル。)

 

確かに、サラサラのロングヘアは永遠のステキな女性のアイコンだけど、女性は長くあるべきだという事とは別ですよね。

 

好みはあるのは全然OK。でもそれを押しつけるのってどうなのかなーと。

 

また、そういう一言ってけっこう頭に残りますよね。一度そう言われると何年も短くできないというお客さまもいました。

 

やっぱりそんな固定概念を壊すには、もっと多くの方を素敵な素敵なショートヘアにして、輝いてもらうことが一番。

 

世の中にもっとショートヘアの女性を増やしていかなくては!

 

周りに言われたことなんか気にしないで、自分がしたいヘアスタイルを素直にできるような世の中を今以上に作るという目標ができあがりました。

 

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-ショートヘア

© 2022 ショートヘアのトリセツ