ハンサムショート 丸顔 黒髪

ハンサムショートは黒髪や丸顔など顔型をカバーできるのか。

ハンサムショートはどんな顔型に似合うのか。

これは丸顔でも面長でもなんでもいけます。

そしてハンサムというくらいだから、可愛い感じではなくカッコいい。

ショートでその雰囲気を出すには、前髪が長い方がいいです。

実は、前髪が長いだけで顔型を選ばす似合わせることができますよ。

だから、ハンサムショートは万能です。

切るなら切った方がいい

ちょっと攻めたカッコいい雰囲気にしたいというオーダー。

黒髪ですし、まさにハンサムショートにぴったりなケースです。

中途半端になるなら切ってしまった方がいいのがこのスタイル。

丸顔や顔型を気にしている方は、短く切ることに抵抗がありますが、

前髪が短いと不安が残りますが長いことでこれをカバーできます。

前下がりにカットする

例えばハンサムショートを丸顔に似合わせる基本は、前下がりに切り斜めのラインを作ること。

こうするとシャープな印象になり、丸い雰囲気をしっかりカバーします。

前髪なしだとこれができるので、短いよりかは長いことをすすめてます。

 

じゃあ前髪はどのくらいの長さがあればいいのかと言えば、ほお骨がしっかり隠れるくらいです。

丸顔も面長もそうですが、隠すべきところはほお骨。

ここが顔の印象を大きく決めます。

その次にエラ部分。

最後にあご。

なので、フェイスラインを全部隠さないとカバーできないのではなく、

ほお骨が隠れていれば小顔効果を発揮することができるんですよ。

 

えりあしも短くしよう

丸顔などをカバーするだけではなく、かっこいい雰囲気にすることを忘れてはいけません。

ヘアスタイルはメリハリがつくとそう見えやすくなります。

前髪が長い分、えりあしは短くする。

そのバランスが大切。

えりあしをタイトにし、スッキリさせることでハンサムな印象を作ることが可能です。

 

髪型でこんなにも変わる

ショートのいいところは、少し切っただけで印象がこんなにも変わることです。

日々過ごしていると「なんだか気分を変えたいなぁ」と思うことがありますよね。

そんな時にすぐ叶えられることが髪を切ること。

洋服を着替えるように、なりたいイメージを髪型で表現していく。

ショートヘアはそれができるから最高ですよ。

ハンサムショートにするなら、まずは前下がりにして丸顔など顔型をしっかりカバーできるものからやってみましょう。



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-ハンサムショート, 丸顔, 黒髪

© 2021 ショートヘアのトリセツ