硬毛・多毛

髪の量が多く硬くても、ふんわりショートヘアに変われる方法


短くしたら頭が大きく見えるのが不安だという方へのショートヘア。髪が硬くても多くてもショートにすることはできますよ。
そのためにまずは、なぜあなたはショートにすると膨らんでしまうのかを考えます。

今まで膨らんだ経験があると『短くする=頭が大きくなる』といったイメージが湧いてしまいますよね。実は髪が多くても硬くても全ての生えてる全ての髪が悪いわけではありません。ある一部の髪がそうさせてしまっているんです。

膨らむ原因の髪の毛はどの部分にあるか?

膨らむヘアスタイルになる時、必ずその原因の髪の毛があります。今回のお客さまですとハチの部分。ショートにすると髪が持ち上がるため、ただでさえ丸くなりやすいですよね。それに加えて膨らんでしまったら、それは頭が大きくなってしまいます。


ではここの部分の量を減らせばいいんですが、こんな不安もありますよね。

  • すいた短い髪が支えになってもっとボリュームが出てしまわないか…
  • 表面からピンっと髪が出てこないか

過去にこのようなことになってしまった方も多いようです。これは立ち上がる生えぐせの部分を軽くしすぎると起きてしまいます。なので、立ち上がるくせを見極めて、膨らむ原因の髪をできる限り減らすことが必要。

硬い髪でもふんわりします!

硬くても多くてもバランスの良い毛量の減らし方をすれば、柔らかくふんわりしたショートヘアにすることができるんです!膨らむ原因を無くすと、頭が小さくみえます。本来ショートヘアは頭と顔を小さくみせることに向いているヘアスタイルなんですよ。

それに、この髪質は悪いことばかりではありません!

硬くて多いことは、ふわっとしたショートヘアにしやすい髪質です。ヘアスタイルをつくる上で何が1番難しいか…それは、ボリュームを出すことです!重力に逆らうことになりますからね

逆にボリュームをおさえることは量を減らしたり、スタイリング剤でいかようにも変えることができる。短いヘアスタイルに向いてないと思われがちですが、そんなことないんじゃないかなぁというのが僕の考えです。

硬い髪の毛をメリットに!

どのショートヘアでも、髪質に合う合わないはあります。相性の悪いショートにするとスタイリングが大変だったり、頻繁にカットしなくてはなりません。

でも、髪の特徴にきちんと合わせたスタイルは長持ちし再現がしやすいです。髪が硬くて多いことをメリットにできるショートヘアは、今回のようなふわっとさせたものです。



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-硬毛・多毛

© 2021 ショートヘアのトリセツ