硬毛・多毛

ショートにした時のえりあしが膨らむ問題をなくすには

 

髪の量が多いと困ることが多いのではないでしょうか。髪が膨らんで頭が大きくみえたり、後ろがモサモサしておさまりが悪くなったり、

ドライヤーを使ってもなかなか乾かなかったり、不便なことが多いです。ショートヘアにおいては、カットのもちが悪い、首が太くみえる、などのお悩みが上げられます。

頭の部分によって髪の量は違いますが、1番影響を受けるのがえりあしの部分です。

そもそも膨らみやすい部分

もともと、髪が多いのに追い打ちをかけるように、えりあしはより髪の量が多く太いもの。多くて太かったら重くて膨らんできますよね…

ショートヘアはそこが重くなるとバランスが悪くなり、ボテッとした印象になってしまいます。最も膨らみやすい部分を一番スッキリ切る必要があるということなんです。

はえぐせをしっかりとチェックする

膨らむ部分をおさえるには毛量をしっかり減らす必要があります。この部分ははえぐせが多く上をむいていたり横をむいていたりしやすい部分。ただ軽くするだけですと逆に膨らむこともあるんです。

はえている向きによって量の減らし方はことなります。上をむいている部分をなるべくなくし下をむいている部分を残すように調整する。こうすると膨らみにくいえりあしに仕上げることができるんです。

ときには短くしない方がおさまりがいいというケースもあるので、まずははえぐせをきちんと見極めることが大切になってきます。

  

毛先はジグザグにすること

髪がしっかりしていると他の髪質と同じようにカットしても毛先がそろった感じになりやすいです。

そうなると重く硬い印象になり首が太くみえる危険性もありますので気をつけなくてはなりません。

逆にそろわずジグザグにカットしておくと、そろうの防ぐだけでなく首を細くみせることにもつながります。

ちょっとしたことでもえりあしは影響がでてしまうため、細部にもこだわる必要があるんです。

 

髪の量が多くても短くできます


髪が多いというと悪いことのように聞こえますが、欠点をカバーしてしまえばいいことだってあります。膨らみやすいということはボリュームを出しやすいということ。

それを利用してショートヘアに欠かせない後頭部のボリュームを簡単に出すことができるんです。量が少ない方はパーマをかけたり、スタイリングをしたりとやることが増えてしまいます。

膨らむというお悩みは素敵なショートヘアにする上で必要な要素なのかもしれませんね。えりあしの問題を解決したら、この膨らむ髪質はショートにぴったりな髪質なわけなんです。

  



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-硬毛・多毛
-

© 2021 ショートヘアのトリセツ