細毛・ペタンコ 黒髪

サラサラ直毛を黒髪ショートにしてペタンコにならないのか。

ヘアドネーションをしました。

誰かのために髪の毛を寄付する。

必要としている人は多いのでとてもいい活動だと思います。

切る側としては、最大のスタイルチェンジなのでいつも以上に気持ちが高まりますね。

全くの別人になり、日々の過ごし方も大きく変わりますから。

「短くして大成功だね!」

と思われるようショートヘアを作りました。

 

サラサラでペタンコになるのでは

「この髪でショートヘアにした時に後頭部がペタンとするのでは」

サラサラの方はボリュームが出なく、貧相な印象になる不安をお持ちです。

確かに細く少ない方はその可能性がある。

ボリュームを出すスタイリング剤をつけたり、多少セットしていただかなくてはなりません。

でも、大半の方は大丈夫。

ショートヘアにするとそもそもボリュームが出るため、長い時には感じないふんわり感を得ることができます。

今回のお客様のように、細くサラサラしていても毛量があれば心配いらないですよ。

特に黒髪であればコシがあるためショートに向いています。

髪はダメージが原因で痩せて細くなってしまう。

なのでショートヘアといえど傷んでいない方が断然良いのです。

 

余程の直毛でなければ丸くなる

もともと髪の毛は丸くなる性質があるのをご存知でしょうか。

髪を長くしていると下に引っ張られらため真っ直ぐになりますが、ショートヘアにすると丸みが出る。

中には、何をしてもピンと真っ直ぐになる方もいますが、日本人の9割近くはそうではないので、ほとんどの方は問題ないです。

 

もし、丸みが出ない場合はパーマやアイロンで丸くすればOK。

顔周りやえりあし、耳周りはボリュームがいらない部分なので手を加えず、

後頭部やトップのみやれば十分。

この髪質はパーマがとれやすいですが、毛先を曲げるくらいなら長持ちしてくれますよ。

 

明るい雰囲気になる

黒髪ロングをショートヘアにすると、雰囲気が明るくなります。

それは隠れていた肌が出てくるから。

誰もが憧れるストレートヘアではあるけれど、時に強い印象を与えてしまうことも。

それにはそれな良さがありますがロングにしていても自分の求めるものと違えば、思い切って短くするのもあり。

黒髪ショートは乾かしやすいなど利便性の良さと、明るい雰囲気を与えてくれます。

一人一人が自分の好きな雰囲気を作り、その髪型を楽しんでもらえると嬉しいですね。



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-細毛・ペタンコ, 黒髪

© 2021 ショートヘアのトリセツ