細毛・ペタンコ

ショートヘアの後頭部にボリュームが出ない原因はこんなところ

 

自分でスタイリングしてもゼッペキをカバーできない原因として、耳より下の髪が重いことが大きく関わっています。

 

日本人の多くはゼッペキの骨格をしていて、これを悩みにしている方がとても多い。

 

たとえ髪が多く膨らみやすい髪質だとしても、それだけではカバーすることができず、むしろ他は膨らみ後頭部だけつぶれるという一番いけてないシルエットになってしまう。

 

これをなんとかしないことには満足のいくショートにはならないんじゃないかと考えてます。

 

後頭部にボリュームを出すことで品の良い印象になる(ペタンコだと寂しい印象に)ため、それを求めてるお客さまばかり。

 

これをなんとかするには、一にも二にもカットのやり方でしか解決はしません。

 

今回のお客さまもそんなお悩みを抱えていらっしゃいました。

 

 

このシルエットですとゼッペキを強調していて、全体的に下がって見えてしまいます。

 

この原因は上がペタンコになっていることだけではなく、丸みが下にあることもその一つ。

 

カットですることは丸みの位置をどうやって上げるか。

 

そのためには上を短くすることだけではなく、耳より下の髪をできるだけタイトにスッキリさせることが欠かせません。

 

 

シルエットが変わり大人で上品なイメージになりました!

 

えりあしや耳周りの髪の長さはあまり変えてませんが、バランスよく切ることでこんなに雰囲気が変わるんです。

 

今回の切り方は、こんなことがポイント。

 

 

ボリュームを出したいと考えると、つぶれているつむじ周りや上の方の髪にパーマをかけたりカーラーで巻いたりと色々しますが、それだけでは解決しません。

 

ヘアスタイルのシルエットは、下をスッキリさせると自然に上がります。

 

言い換えるなら後頭部の丸みを持ち上げるという感覚。

 

今回はパーマをかけていますが、このカットをがあるからパーマもうまくかかるものです。

 

ご自分でスタイリングしたり毎回パーマかけてもうまくいかず悩んでいる方、まずは横顔を確認してみてください。

 

 

こうなっていたらいくら頑張ってもゼッペキをカバーしきれません。

 

なぜらなら、丸みが下がるように切られているヘアスタイルだから。

 

この切り方の目的が真ん中より下になることなので、何を加えても時間がたったらここに戻ってしまう。

 

なので必要なのは、そもそもカットで丸みを上げておくことなんです。

 

 

こうしておくと簡単にボリュームを上にすることができます。

 

ショートヘアで大切なことは、たし算と引き算のバランスを良くすること。

 

今回でいえば、ボリュームを出すことだけではなくえりあしをなくしてシルエットを変えているところです。

 

こうしたちょっとしたカットの違いが、お客さまが自分でスタイリングをする時の再現性に大きく関わってくると思っているので、そんなことを大事にしています。



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-細毛・ペタンコ

© 2021 ショートヘアのトリセツ