くせ毛 硬毛・多毛

多くて膨らむ髪質はどうしたらショートヘアにできるのか

髪が膨らむといっても人それぞれボリュームの出方が違います。

ハチが膨らむ人もいれば、サイドがそうなる人もいる。

大事なのは、人によって違う膨らみ方に合わせてカットすることです。

後頭部がやたらと膨らむこともある

今回のお客さまは、後頭部の下の部分がとにかく膨らむタイプ。

そうなると頭が大きく見えてしまったり、ヘルメットのようなシルエットになってしまうことがデメリット。

とにかくここをスッキリさせる必要があります。

ショートヘアでバランス良くするためには、ひし形のシルエットに仕上げることが不可欠。

この状態では、全体的に丸く見えてしまいメリハリがありません。

これをカットで変えると、このように変わります。

えりあしがしまることでひし形に

余分なボリュームを無くすことで、横顔がとてもきれいになりました!

また、全体的に毛量も多かったので後頭部以外もしっかり減らし、毛先に動きが出るようにしてあります。

ボサボサっとした印象が、きちんとした雰囲気に変わりました。

また、ひし形にしながらも丸みを残した仕上がりにすると柔らかいイメージを残すことができます。

きっちりとしたスタイルではなく、なちかさを表現しておくと大人かわいい今っぽいヘアスタイルに。

今回のお客さまにもその方が似合いますからね。

どこを残したら良いか考える

髪が膨らむといっても、その膨らみを残すべき部分もあります。

なので重いからといってただ軽くするのではなく、この髪質でこの毛量ならばどの部分はあった方が良くて、

減らしてしまった方がいい髪はどこなのかをいつも考えるようにしています。

例えば、後頭部はボリュームがある方がペタンコにならずいいですよね。

そこを減らしてしまってはせっかくの必要な膨らみが無くなってしまいます。

悪いことばかりではないわけです

ついつい自分の髪質のことはデメリットが多いように感じてしまうけれど実際は違います。

その髪質だからいかせるショートヘアは必ずあるので、それらを見つけいいヘアスタイルを作ることができれば最高かなと。

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-くせ毛, 硬毛・多毛

© 2021 ショートヘアのトリセツ