くせ毛

縮毛矯正なしでショートヘアにできるくせ毛のたった一つの条件

うねりが強いくせでもカットだけでショートヘアにできることもあります。

【くせがある=短くすると膨らむ】ということではなく、

【短くすると膨らむくせもある】が正解かな。

なので全員がカットだけで短くできるわけではないけれど、条件を満たせばそれも可能です。

髪が柔らかいこと

その条件とは、髪が柔らかいことです。

膨らむ原因、ショートヘアにできないとされてる原因はこの3つ。

  • 髪が多い
  • くせが強い
  • 髪が硬い

この3つが全てそろうと縮毛矯正をした方が良いですが、

髪が多く、くせが強くても、髪が柔らかければ短くすることはできます。

欧米の髪質が理想的

外国人の方でくせが強いのにおしゃれなショートヘアにしているのを見たことはありませんか?

あれが可能なのは髪が柔らかいからです。

うねりが強くてもそれがいかせる髪質なのでくせが強いことは問題ないです。

また、髪が多くてもカットで減らせば良いのでこちらも同じく。

ただ、これで髪が硬いと扱いにくくぼくは不向きかなと思っています。

今回カットするお客さまは、一見膨らんで短くしたら大変なことになりそうな気もしますが、

髪の毛は細めで柔らかいためショートヘアにできるなと。

ただ乾燥してパサつきやすいのでワックスをしっかりつける必要があると説明しカットをしました。

できればカットだけですませたい

くせのある方はカットだけですませられたら理想的だと考えています。

その理由は自分の髪質を好きになれるから。

今まで嫌だと思っていた髪質で気に入るヘアスタイルになれたらどうだろう。

「この髪質も悪くないな」

そう思えるはずです。

逆に褒められることが増えればきっと自分のくせを好きになれます。

それって自分の自信につながると思いませんか。

くせは一つの個性だと考えていて、全く同じくせは存在しません。

顔のパーツと同じでその人にしかないんです。

縮毛矯正が必要な人には自信を持って提供し、そうでなければカットだけでなんとかしたい。

そんな風に思います。

今まで隠れたものが現れる

膨らんだ髪により隠れていたものが色々と出てきます。

思ってたより小さかった頭。

きれいな首。

ちょうど良いうねるくせ。

そして、鏡に映る新しい表情をする自分。

ショートヘアにするのは新しい発見の連続です。

自分に自信を持ついいきっかけになれば、ぼくとしては最高に嬉しい。

ヘアスタイルを通じ、何か変わるきっかけを提供します。

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-くせ毛

© 2022 ショートヘアのトリセツ