くせ毛

上向きのえりあしでも、膨らまないタイトなショートヘアにする方法

はええりあしが上に向いて生えていても短くすることはできます。

ショートヘアにする時、「できるだけ後ろを短くしたい!」って思ったことはありませんか?

中途半端に長いとすぐ伸びてしまったり、横顔のバランスが悪くなったりしてしまいます。

「でも、このえりあしじゃ短くすると浮いてしまうんです…」

そんなお悩みをよく聞くので、ぼくはこうやってそのコンプレックスを解消しています!

そのくせをなかったことにする

えりあしが上に向いて生えていると、このようになってる方がほとんど。

これをなくすためにえりあしをツーブロックにします!

ツーブロックは内側を短くして、上の長い髪をかぶせる切り方。

それをえりあしの浮く部分のみにやります。

上に向いて生えているといってもほんの一部分のみのケースがほとんど。

生え際から10センチくらい上に向いてたら難しいですが(そんな方見たことありません…)、ほんの数センチであればこれでいけちゃいます!

 

浮いている部分を短くする

この時にバリカンを使って短くすると触った時にジョリジョリした感がでちゃうので、縦にハサミをいれてカット。

できるだけ短いすることが収まりやすくなるポイントです。

覆うように上の髪をかぶせる

このように内側がすこし短くなっています。

また、この切り方をするとえりあしが膨らむことを遅らせることができます。

ここが膨らむ原因は、はえぐせによるものがほとんど。特に上を向かれていてはすぐ膨らんでしまう。

そこが短いということは、膨らむ長さになるまで時間がかかるということですから、ヘアスタイルを長持ちさせることができますよ。

コンプレックスをなくそう!

ショートヘアはえりあしの長さによって雰囲気がとても変わるヘアスタイル。

長持ちするかどうかも、後ろがスッキリしているかどうかにかかわってきます。

でも、そこを長くしないとまとまらない。または、それが原因で短くできないと言われた方も多いはず。

このやり方を使えば多くのえりあしコンプレックスを救えます!

「〜だからショートヘアにできない」

そんな言葉をなくしていきたいです。

 

 

 

 

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-くせ毛
-

© 2022 ショートヘアのトリセツ