くせ毛

バッサリ切ったら”膨らむ・まとまらない”を無くすためにしていること

 

ロングヘアからショートヘアにする際に気をつけなくてはならないことがあります。それは、短くするとくせが強く出るかもしれないということ。

長い時には気にならなかったけど、短くした途端に髪がうねり出すことがあるんです。

そのくせはいかせるのか、伸ばした方がいいのか。その判断が仕上がりの明暗を分けてしまう。どんなくせが出てきても対応することが必要ですね。

今回のバッサリ切るお客さま。切る前の状態はこちらです。

腰くらいまでありますね。いやーここまで伸ばされていたことが本当に素晴らしいです!

ここまで長いとどんなくせが出てくるか見当がつきません。それを確認するためにこんな切り方をしていきます。

 

まずは生えグセを確認していきます

はえぐせと髪のくせを確認するために少し長めに切ります。

ロングにしていると髪の長さや重さの影響でクセが下に引っ張られて伸びていることがよくあります。そんな髪を短くすると大概予想をしていないところからクセが出てくるのです。

そしてそれが本来のもの。バッサリ切るときは初めから希望の長さに切ってしまうと上がってしまい短くなってしまう可能性があります。

なので、それを確認するために長めに切り様子を見るようにしています。

 

扱えないクセならストレートを

切った時にくせが出ていかせるものであればいいですが、扱えないくらいの強いくせがあることもあります。

そんな時はストレートパーマをしてクセを伸ばしてしまう方がいいです。

切ってみて扱えるクセなら当然する必要はありません。短くする目的の一つに再現性は欠かせない要素だと思っているので、髪質の判断はとても大切だなと感じています。

 

髪型で雰囲気が大きく変わる

無事に短くすることができました。くせを伸ばしたことでまとまりが格段に良くなりました。

今回のポイントはストレートパーマをしたこと。できるなら髪のくせをいかしていきたいですが、現実には難しい髪質もたくさんあります。

バッサリ短くした時にお客さまが不安に思うことは、明日自分でセットできるのだろうかということ。

ほとんどやったことのないヘアスタイルは未知数でよくわからないもの。それを考えるとまず初めは簡単にセットができるということは絶対欠かせない要素だと考えています。

クセをいかしたスタイリングよりも、さっと乾かしてワックスつけて終わりな方が楽ですからね。

ただ短くするだけでなく、ご自宅での再現性。特にこの部分に注意してして切るようにしています。

 

 

 

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-くせ毛

© 2022 ショートヘアのトリセツ