くせ毛 硬毛・多毛

ショートできない三箇条【硬い、多い、くせ】でも短くできるのか?

今回のご新規のお客さまも髪質がショートに向いていないと言われてボブより短くすることができていませんでした。

 

もちろんばっさりショートヘアにしたわけですが、できないと言われ続けているのもあり自分の髪質を短所だと思っている方がほんとに多いですね。

 

自分の髪を「超ー好きです!」と言う人の方が少ないものなんだけどね。

 

それでも自分の好きなヘアスタイルにできれば好きになるまではいかずとも、ネガティブな気持ちはなくなるのでそれを叶えたいなと思ってます。

 

さて、ショートヘアにできないと言われてる髪質には共通点があります。

 

それは、【硬い、多い、くせが強い】です。

 

あっ私のことだ。と思う方もいるでしょうがこの3つが揃うとなかなか難しいとされてます。

 

逆にショートに向いてる髪質ってなんだろな?と考えてみると、

 

【柔らかい、多くない、そんなにくせが強くない】というなんとも曖昧な感じになりましたが、別にこの髪質っていうわけでもないんだよなぁ。

 

つまり、できない三箇条をできる三箇条に近づけていけば短くできる可能性はかなり上がります。

 

そのために必要なのは、【カット、縮毛矯正、スタイリング】です!

 

というわけで、今回のお客さまのご紹介。快く顔出しOKもしていただきありがとうございます!

 

 

縮毛矯正をかけて前回ボブにしたそうです。

 

できない三箇条に共通しているのが、髪が膨らむということ。これがショートにできないという誤解を生む諸悪な存在なわけです。

 

そこで、髪質を変えていく技術が必要になります。

 

【硬い、多い】にはカットで解決し、

 

【くせが強い】には縮毛矯正で、

 

それをしても対応できない部分に【スタイリング】をしてカバー。

 

こうしてできない原因を一つづつ無くしていけば、ショートヘアにできない理由がなくなっちゃうんですよね。

 

長年できないと言われたけど、こうして無事にショートにすることができました!良かったー!

 

 

今回のキーポイントは、硬い髪をどう柔らかく見せるか。

 

もともと硬いだけでなく縮毛矯正をしっかりしてあったのでより硬くハリハリな髪になっていました。

 

それをまずカットで余分な重さをとり、スタイリングではストレートアイロンを使い髪に丸みをつけます。

 

最後に髪をしなやかにするために、ワックスにオイルを混ぜて髪に油分をたくさん補給。

 

こうして、硬いものを見ためも手触りも柔らかくすることができました。

 

できない三箇条の方でもやることをやれば無事に短くすることができるんです。

 

 

諦めずにいきましょ。短くしたいという気持ちさえあればいけちゃいます。

 

切るまでは不安ですが、切った後はとっても清々しい気持ちになりますしね。

 

まるでジェットコースター。まるでバンジージャンプ。

 

やるまでが一番怖い。でもやってしまったら大したことない。

 

できないと言われ続けた人をなんとかしたい、そう思うここ最近です。

 

 

 

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-くせ毛, 硬毛・多毛
-

© 2021 ショートヘアのトリセツ