前髪

自分らしくあるために、顔を隠さず出してみました!

新しいヘアスタイルに挑戦する!とても素敵なチャレンジです。

 

顔を隠す前髪から、いかす前髪に。

 

今回、前髪を短くするのはなんと5年ぶりだそうです!久しぶりすぎて以前のことは覚えてないとのこと。

 

切るきっかけは、自分の環境が変わるから。

 

今までとは違う新しい自分でスタートをしたいとのことでした。

 

周りがどうではなく、自分がしたいからやる という意思のある魅力的な考え方ですね!

 

 

切る前はこんなに長い前髪。このままでも可愛いくて切らなくてもいいんじゃないかな〜。

でも彼女は、「今回はチャレンジしたい!」とのこと。

 

いつもより少し長いカウンセリングをして眉上まで切ることになりました。

僕は切るときは思いっきり切ります。バッサリと今までの自分とおさらばするように。

【顔は隠した方が小さく見える】と思ってる方も多いですが、決してそれだけでもないです。

 

むしろ顔を出した方が小さく見えることはよくあること。大事なのは顔に合わせてバランスよく切るかどうか。

 

それができれば問題なく短くできます。

 

 

お客さまは「切って似合うかどうかがわからなくて不安」とおっしゃいました。

 

それはそうですよね。長年してなかったらイメージもいまいち湧きませんからね。

 

僕の仕事はそんな背中を押すこと。

 

やりたいということに対して、やらないのではなくどうしてらできるかを考えるようにしてます。(絶対やめた方がいい時は止めますが…)

 

何か迷う時は新しいチャレンジをしたい証拠

 

自分らしく変わることを応援したいですからね!

 

「どこにいっても断られるけど、ここならやってくれる!」

 

そんな美容師でもありたいなと思っています。

 

【気持ちを切り替えるためにカットをする。】とっても素敵な理由。

 

そんなカットをできることを、とてもやりがいに感じています。



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-前髪

© 2021 ショートヘアのトリセツ