前髪

【流し前髪ができない方】カットで分け目のない前髪へ!

 

「流し前髪にしてみたい!」そんな時にブローしたり、マジックカーラーを使ったり、いろいろ試しているのにうまくいかない方、まずは美容室にいきましょう!

どんな正しいセットのやり方も、カットが出来ていなければうまくいきません。流し前髪のためのカットができていて初めてスタイリングはしやすくなります。

この前髪の一番の失敗例は、「前髪の分け目が割れる!」ということではないでしょうか。

これはこんな原因があります。

  • 前髪の奥行きが足りない
  • 降ろす前髪にしては長い
  • くせの流れにさからって前髪をつくっている

この3つで多くの場合は解消できます。(強いうねりの方や、直毛すぎてピンとしてる方は、縮毛矯正やパーマが必要)

できるだけ前髪を厚めに作るのが、割れるのを防止する!

前髪の量を厚くつくりましょう!

できる限り後ろから前髪をつくります。前髪の量が増えると分け目をカバーする効果が強くなるので、割れにくくすることが可能に。

でも注意することが1つ!

それは、無理やり前髪の量を増やさないこと!毛の流れに反すると、本来前髪ではない部分をカットしてしまい、あたまのてっぺんに短い髪が増えて失敗します。

自分がどのくらいまで量を増やせるかはプロにご相談くださいね。

伸びきったらどうしたって割れます…

どんなに前髪の量を増やしても、伸びきった前髪では割れてしまいます。

流し前髪の場合、伸びると横に流れすぎて割れ目が出やすいという特徴があります。この状態で正しい乾かし方をしても分け目はできやすいです…

人によって個人差はありますが、目が隠れるくらいの長さになったらカットすることがオススメ。前髪カットも立派なサロンのメニューの1つです!お気軽にご連絡くださいね!

毛の流れに合わせて前髪はつくるべし!

お客様の前髪は矢印の方向に流れるくせがあります。カットする際は、この毛流れに合わせると自然に流れてくれますよ!

髪のくせに関係なく、人の頭には毛流れという髪の流れがあります。なるべく毛流れに合わせたカットが理想的。

「いくら流しても落ちてきて目にかかるの…」という方は、流す方向を変えてみてもいいかもしれませんね。

毛流れに逆らわず、髪の行きたい方向に合わせてカットするともちの良い素敵な前髪に仕上がります!
自分の毛流れがわからない方は、これも美容師さんに相談しましょう。最初は見慣れないかもしれませんが、その分け目は逆にした方がいいかもしれませんよ。

伸ばしかけの方は、前髪を常にベストな状態に!

髪を伸ばしている時って、変化がなくつまらないですよね…

そんな時に前髪が決まらないと、いまいち気分が上がらず毎日が楽しくありません。変化を求めて伸ばしている髪を切ってしまったなんてことも多いはず。

そんな方こそ、前髪を大事にしましょう!

前髪は顔の印象の8割近く決めると言われてます。ここさえ決まれば、ひとまずOKではないでしょうか。

伸ばしかけのつらい時にこそ、前髪の大切さに気づくのかもしれませんね。

何をするにもまずは切り方が大事だと思う。

IMG_0077.JPG

今回の前髪に限らず、カットが全てのベースになっていると思います。

「スタイリングが下手で」や「パーマがかかりにくい髪質で」など自分の髪質が悪いのではという方も多いはず。

でも、髪質に合わせに合わせたカットをきちんとする事で解消することはたくさんあります!

「自分の髪質を気に入ってる!」と思っていただけるカットをこれからもしていきますね!

 

 

 

 

 

 

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-前髪

© 2021 ショートヘアのトリセツ