前髪

2センチのカットでこんなに変わる!結んでも可愛い小顔の前髪

 

前髪の小顔効果はこのブログで何度も書いていますが、髪を結んだときにこそ本領を発揮するものもあります。

髪をしばる時に顔周りのおくれ毛を出そうかしまおうか迷いませんか?

このおくれ毛をどうカットするかで結んだ時の小顔効果が変わってくるのです。

どんなシチュエーションでもお顔を小さくみせるヘアスタイルにするために、今回はこんなカットをしています。アレンジすることが多い方、ご参考にしてみてください。

こめかみ部分にすき間を作らないことが第一条件

 

こめかみ部分とは、前髪の端の部分。すき間があると結んだ時に生え際が見えてしまいます。

ここが見えるとほお骨がはっきりと見えてしまい、中にはお顔が大きく見えてしまう方も…

今回はこめかみ部分のすき間を埋め、生え際が見えないようにカットしてあります。

 

どの角度から見ても、生え際がみえないようにすることが、結んだ時の小顔ヘアのポイントの一つ。

結ぶ時にピョロっと長い髪が出てくるようなら、カットすることをオススメしますよ!

  

それでいて似合っていることが必要です。僕がそのためにしてるのは、肌になじむように徐々に長くすること。

このカットをすると、ほお骨を綺麗にカバーし小顔にすると同時に、色んな顔型の方にも似合いやすくなります。

  

ここの長さによって雰囲気が変わってきます。

ほお骨だけでなくエラの部分まで隠したい方は、あごくらいまでにすると縦長効果がうまれカバーすることができます。

とにかくお顔をすっきりさせたい方は、ほお骨が隠れないくらいにしてもいいでしょう。全て隠れなくても充分カバーする効果がありますので。

僕がカットする場合は、必ず確認をしています。ここはこだわりや好みもあるので、一方的に切ったりはせず、お客様のご希望に合わせることを大切なにしています。

 当然、髪を降ろしても可愛く、お顔は小さくみせる  

今回は2センチカットしましたが、たったそれだけでもお顔の雰囲気が変わりました。

切る前は目にかかりそうな長さと、お顔を大きくみせてしまう髪の重さ、この2つが気になるところ。

前髪は骨格を隠し、目や鼻などのパーツはすっきりみせた方が立体的にみえます。ほお骨などお顔周りをカバーし、目がはっきりみえるようにしてあります。

もともとのお顔の素材をいかすことか本当に似合うヘアスタイルにつながると考えています。 

 

 

 

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-前髪

© 2021 ショートヘアのトリセツ