前髪

毛先に縮毛矯正が残った前髪。どうしたら可愛くなれるの?

毛先はまっすぐで、根元はくせで膨らむ。分け目もできるし、前髪が膨らむため顔が大きく見えてしまう。
縮毛矯正をかけられる方の共通のお悩みではないでしょうか。

これを僕が解決するために考えたのは、この2つです。

  • 根元のくせの流れに合わせてカットする
  • 降ろす前髪の方が毛先の縮毛矯正をなじませられるため、降ろす長さにカットする

前髪は自分でも1番見えて気になる部分ですよね。髪がいかなる状態でもまずはカットでやれることはやるのが僕のポリシーです!

くせは上手くいかせばパーマになる!くせがあることをラッキーだと思う

膨らむくせの方は、もともと髪が丸くなる髪質の方が多いです。つまり、直毛の方がパーマをかけて丸くしたのと同じようなイメージ。

うねりが強い方は縮毛矯正をすすめる場合もありますが、基本的にはカットでなんとかします。

今回のお客様は生えぐせを見ていくと、左から右に流れるくせでした。なので、それに逆らわずにくせに合わせてカットします。

くせは逆らうと膨らむことが多いです。なので流れに合わせ髪に無理をさせない。これがお顔になじむ前髪になっていくのです。

長い前髪は、毛先のまっすぐが目立つ!くせと合わせるには短めがベター。

実は、前髪の半分くらいが縮毛矯正の髪の毛なんですが、短くして降ろすとあまりわかりませんよね。もちろんコテで巻いたりもしてません。

まっすぐな毛先は長く流した方が目立ちやすいです。 さらに、くせともなじみにくい性質もあります。

毛先の縮毛矯正の残り具合と根元のくせの強さ、人それぞれ違うこの2つをバランスをとりカットしていく。お困りの方、なんとかしますよ!

さらに分け目も消すことができる!

僕のカットの目的は、お悩みを解決し小顔にみせること。

くせがあっても分け目を消して、小顔にみせるのは最低条件です。前髪が膨らんで嫌なのはお顔が大きく見えやすいからですよね。

どんな髪質、状態でも顔を小さく見せることは忘れずにカットしています。

前髪が決まったときの表情の変化が嬉しい

前髪を切るときはいつも以上に鏡を見ながらカットしています。なぜならミリ単位のカットで可愛くなるから。

お客様の顔型や雰囲気と、僕のカットがピタリとあった瞬間、お客様の表情がパッと変わるのです。

それを逃さずカットしていき、その表情が出た時、心から嬉しさが込み上げてきます。とにかく可愛くしたい、したいことはそれだけです。

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-前髪

© 2022 ショートヘアのトリセツ