前髪

硬くて浮くくせでも前髪を短くするために対策カット

「短い前髪にしたいけど、浮いてしまうのが心配です。」

硬い髪質や前髪に浮きぐせがあると、なかなか切れないものですよね。

前髪はとても繊細なところで、ある長さを境に急に浮いてしまうもの。

まずはどこまで、短くできるか把握するところから始めています。

降り始めているところまでならいける

前髪を横から見たときに、下に降り始めてる部分があります。

ここより短くすると浮く可能性がかなり高いです!

なので、それよりも長くしておくと安心。

つまり、その長さまでなら短くすることができことが多い。たまに、それでも浮く方がいますが、眉が見えるくらいであれば経験上いけます。

毛先はギザギザにしておくと浮きにくい

短めの前髪にする際、柔らかい髪や細い髪ですとあまり気にしなくていいですが、硬い髪は毛先をぱっつんにすると浮きやすくなります。

ですが、ギザギザにしておくとそれを抑えることができるんです。

それに必要なことはワックスをつけること。

油分の重さで本来浮いてしまうものをおさえてくれるので、つけるのは必須ですね。

重めのワックスが最適

浮かないためには、浮くくせを抑えるだけの力が必要です。

そのためには、髪が重くなる油分の多いものが最適。

軽いサラッとしたものだと浮きぐせに負けてしまい抑えにくいです。

良く手に伸ばし、ベタッとつかないように注意するといい感じに仕上がります。

はえぐせは人それぞれ

どこまで短くできるかは人それぞれ

生えぐせはかなり厄介でして、人によって強さが全く違います。

なので、どこまで短くできるかは正直みてみないと正確なことがいえません…

でも、「思ったより短くできるものなんですね!」と言っていただけるので、予想は超えられることが多いようですね。

前髪は顔の印象をとても変える部分。できる限り理想の前髪にしていきたいと考えてます。

それさえわかれば対策はたくさんとれるので、色々とご提案させていただければと思っています!

 

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-前髪
-

© 2021 ショートヘアのトリセツ