分け目

もう気にならない!前髪を作って分け目をなくす方法

分け目がどうしてもできてしまう時ってありますよね。

ブローしてもコテで巻いてもうまくいかなければ、前髪を分け目がでにくいようにカットする方法があります。

通常の前髪の作り方とは少し違う分け目対策の前髪です。

そもそもなんで分け目ってできるんでしょうかね?

前髪の部分はもともとは前に向いて生えてますが、前髪を分けたり毎日のドライヤーの当て方が積み重なり分け目ができあがります。

髪の短い男性な分け目はほとんどありません。それは分けるように乾かすことがないから。

女性のヘアスタイルは分け目ができてしまうものがほとんど。なので、それに合わせたカットの仕方が必要です。

前髪を厚くして分け目が見えないようにします

img_1091.jpeg

分け目をなくすには前髪を厚めにつくること。ピーっと線ができてしまうのをカバーするようにつくるんです。

同様に生え際も割れてしまってることが多いですが、これも一緒にカバーすることができます。

奥行きの狭い前髪にすると分け目ができやすいので、厚くすることが大切ですね。

分け目をなくすことで、カット前とはかなり雰囲気が変わりました。

浮きやすい生え際もしっかりカバーできるので、くせがある方も安心してできる前髪です。

あらかじめ流しやすいようにしておく

前髪の困る部分といえば、目にかかってうっとおしくなってしまうこと。切りたてはいいけど、すぐ伸びてしまうのが難点ですね。

目にかかると無意識に分けるように乾かしてしまいませんか?それが毎日続くとぱっくり分け目ができる原因になっているんです…

そのように乾かさなくても目にかからないようにするために、あらかじめ前髪が流れやすくと分け目ができるのを防ぐことにつながります。

トリートメントを前髪につけてませんか?

分け目ができるのはそれでけでなく、髪がしっとりし過ぎることでも起こります。

例えば、トリートメントを前髪につけたりしっとりし過ぎるシャンプーを使ったりなど。髪は油分が多いと割れやすくなっちゃうんです。

ドライヤーのあて方だけでなく、普段良かれと思ってしてることが、結果的に今回のようなお悩みになることも少なくありません。

なので、まずは原因を探しましょう。それさえわかれば対策を考えればいいですからね!

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-分け目
-

© 2021 ショートヘアのトリセツ