スタイリング方法

【お答えします!】毛量が多くてもできるアレンジありますか?

 

先日、こんなメッセージをいただきました。

「あごくらいの長さがあるけど、髪の量を気にしないでできるアレンジありますか?」というご相談です。

短い髪をアレンジするのってたいへんですよね…特に髪の量が多い方は、軽くしてあって短い毛がたくさん出やすいです。

その状態で後ろをアレンジするのはなかなか難しいですよね。

そこで、今回はあまり軽くしていない前髪のアレンジをご紹介します!前髪なら鏡を見ながらできるし、髪の量が多くてもあまり影響がない部分だからです。

前髪が目にかかって嫌だ、下を向いた時に集中できない、など生活の中で起きるストレスをなくしていきましょう!

今回はアシスタントのよっちゃんにモデルになってもらいます。

彼女は前髪が長いですが、眉毛隠れるくらいの長さがあれば同じようにできるかと思います。

前髪伸ばしかけの方や、美容院になかなかいけない方、ぜひご参考にしてみてください。

編み込みができる方は、可愛くこのアレンジで!

編み込みできる方はぜひ編み込んで!できない方は髪をねじるだけでも大丈夫です。編み込まず、同じ手順でやってみてください。

ここがまずポイント!

前髪を広めに分けとります。狭めな幅よりも、広めにした方が編み込みしやすく、可愛くなりやすいです。

編み込みをはじめます。

左から右に向かって横に編み込んでいきましょう!真下に編み込むと最後にピンで留める時にやりずらくなります。

そのまま毛先まですすみ、シリコンゴム(小さいゴム)で止めます。

毛先の先っちょまで編みこまなくても大丈夫。できるとこまでやりましょう。

ここもポイント!ただ編みこむだけよりも、少し引っ張ってほぐしていきます。するとルーズな感じが出て可愛いです。

ほぐす時は毛先の方からやっていくとやりやすいですよ!

終わったら耳の上で止めて、サイドの髪の毛をかぶせたら完成です!

はじめに広めに分けとりましたが、そうすると太い編み込みができます。狭いと細く仕上がるので、ちょっと太い方がやりやすいしバランスもとりやすいですよ。

 

 

アレンジが苦手な方へ。できるようになるにはどうしたらいい?

アレンジをするには、あまり完ぺきにやろうとしないことが大切です。まずは何となくできたくらいから始めましょう。

同じアレンジを10回くらいやったら、不思議と上手くできるようになります。これはアレンジ苦手のお客様が口をそろえておっしゃいますので間違いないかと。

ピンが1本で止まらなければ2本使えばいい。編み込みが左右対象にできてなくてもいい。

「たまたま昨日と違うやり方でやったらいい感じになった!」こんな感じで、少しづつ変化を楽しみながら、ぜひやってみてください!

 

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-スタイリング方法

© 2022 ショートヘアのトリセツ