スタイリング方法

【夜シャンプーする方へ】ゆるいパーマを自分で再現する方法

パーマをかけたものの自分ではうまくスタイリングができないっていう経験ありませんか?

 

特に、オーダーの多いゆるめのパーマは自分で乾かすと伸びやすい。特に右側の髪がとれやすかったりましますよね。

 

これ実は、とれてるように感じるだけでパーマ自体はかかってることが多いです。

ドライヤーの当て方で仕上がりが変わる

パーマは、乾かし方で仕上がりが大きく変わってしまうもの。

 

ドライヤーの風の強さでも変わるし、風の当てる向きによっても変わる。

 

乾かしすぎると真っすぐになることもある。

ゆるくかけたパーマは、強風で上から乾かしたりしたら伸びることがほとんど。

 

慣れてる方はいいけれど、パーマ初心者や時間のない方には難しいと言われる理由はそんなところなんです。

濡れるとパーマが強くなる

これはパーマの鉄則です。

 

濡れてると強く出て、乾かすと弱くなる。

 

なので、水分を与えるといつもよりパーマを出せるんです!

毛先を濡らして自然乾燥

こちらが濡れた状態。毛先にゆるくパーマがかかってます。

 

これを乾かすとどうなるか。

 

ここまで真っ直ぐに近づきます。

夜シャンプーする方は、朝起きたらこのようになっているのではないでしょうか。

 

でも、ここからまた全体を濡らしすのを時間のない朝に一からやるのはなかなか大変…

 

なので、パーマのかかっている部分だけ湿らせるくらいでいいので濡らします。

 

手を濡らして水を髪に揉み込みなじませる。全体がしっとりするくらいが目安。

 

その後ワックスやムースなどスタイリング剤をなじませます。

あまり硬いものではなく柔らかくなじみやすかったり、ツヤが出るようなものを使いましょう。ハードタイプを使うと髪がパサついてみえやすいので。

 

それが終わったらあとは自然乾燥をするだけ。

 

するとこんな仕上がりになるんです。

ゆるいパーマがきれいに出ていますね!

 

自然乾燥のメリットとしては、濡れている時と乾いた時のウェーブの差が少ないこと。

 

ドライヤーで乾かすとこの差が大きくなります。なので乾かすと、とれやすいゆるめのパーマは自然乾燥すると再現しやすいですよ。

また、朝時間がなく一つ結びにした時も毛先が柔らかく曲がってくれるのでひっつめてる感もなくなります。

 

朝って時間ないですからね。

 

簡単に仕上げられる術を覚えておくと役に立ちますよー!

 

 

 

 

 

 

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-スタイリング方法
-

© 2021 ショートヘアのトリセツ