スタイリング方法

【超簡単コテ巻き】センターパートの前髪をきれいに流す方法

更新日:

センターパートの前髪をコテを使って上手に流す巻き方です。とってもシンプルなやり方ですので苦手な方にもおすすめ。

上手にやるコツは、巻くというより滑らせること。コテの温度は180度にしてます。

流す時は、外巻きでやろう

まず前髪部分をおろし、巻かない部分は耳にかけて分けておきましょう。その方がやりやすいのでね。

巻き方は大きく分けて3つあります。

  • 内巻き
  • 外巻き
  • 平間き

この中で髪を流す時は外巻きが最適なのでそのやり方でいきます。

巻き方の違いはコテで挟んだら前に向かってグルっとするか、後ろに向かってやるかの違い。外巻きは後者のやり方です。

挟むパカパカは前に向ける

ここで大事なことは、髪を挟むパカパカがどちらに向いているか。

外巻きにしたい時は、これを前に向けて下さい。

そして、’そのまま髪を挟みます。

真ん中部分から挟む

ここで大事なのが、髪の真ん中部分を挟むこと!

それは、髪の先だけを外巻きしても髪が流れにくいから。真ん中から巻くことで長い前髪でも流れやすくすることができますよ。

真ん中を挟み、そのまま毛先に向かって滑らせます。

巻くのではなく、滑らせること

ここでのポイントは、クルンと巻くのではなく、滑らせること

スーッとスライドさせてみてください。自然な毛流れがつくはずです。

コテによってはグリップが強くすべらずはさんだまま動かないものもあるので、その場合はレバーを押し緩めながらやってみてください。

するとこんな感じになります。

自然な流れになってますね!巻こうとし過ぎてしまうと毛先だけクルンとしてしまうので、あくまですべらせることを意識してください。

反対側も同じようにやります。

 

動画バージョンはコチラ↓↓↓

 

 

前髪が変わると雰囲気も変わります!大人めにみえるし、キチンとした印象にもなりますね。

いろんなやり方がありますがこれが1番楽かなと。もしうまくいかない時はこれらを参考にして下さい。

  • クルンとなってしまうなら、温度を下げる
  • コテがすべらなければ、バーを押しながら
  • 挟んだ跡がつくなら、8割の挟み具合でやる

前髪はヘアスタイルの最も大切な部分。これをマスターして毎日を気分良く過ごしましょう!

 

 

 

ネット予約はこちらから
店舗について

-スタイリング方法
-

Copyright© ショートヘアのトリセツ , 2019 All Rights Reserved.