Q&A ショートヘア初心者の方へ

ショートヘア にしたいけど不安がある方へ

ショートヘアにしたいけど不安が大きく踏み切れない方へ。

「切ってみて似合わなかったらどうしよう。」これはとてもよくわかります。以前思い切ってやったものの失敗したり、勇気を持って切りたいと言ったけど無理だと断られると不安になりますよね。

切る前に不安を全くなくすことはできないけれど、やるならばこんな髪型がいいですよ。

そもそも似合わない髪型とは

似合わないには2種類あります。

  • 外見の似合わない
  • 雰囲気に似合わない

前者はバランスが合ってないことが原因です。

顔や頭が大きく見えるとそう感じやすく、多くの方の不安はこれ。骨格や髪質が原因で頭がふくらみまとまらない状態に。

後者は自分の雰囲気と違う仕上がりにならないこと。

主にはファッションやメイクの感じと合わないとそうなりやすいです。

 

まずは骨格をバランスよく見せること

ショートヘアにすると雰囲気が変わります。今まで似合わないと思ってたものがとても似合ったりします。

久しく短くしていない方は切ったらどんな自分になるのか想像つかないはず。だから、自分のイメージに合うかどうかそもそもわからないですよね。

これに関しては大まかに外さなければ大丈夫です。可愛くしたいのにかっこよくなったり、大人めにしたいのに幼くなったりなどならなければ。

短くしていると何が雰囲気に合うかだんだん自分でわかってきます。最初からドンピシャで合わせる必要はないですよ。

それより大事なのは、顔のパーツや骨格に合わせること。ひとまず見た目が似合っていれば安心して日々を過ごせます。

一番大切なのは自分の顔をうまくカバーすること。

短くしながら必要な部分は隠す。これが大事です。

目尻に隙間をつくりほお骨を隠す

色んなヘアスタイルがあります。長めのショートもあればかなり短いものも。

まずやることは顔の輪郭を隠すこと。ここがカバーできていれば初心者さんは安全です。

特にポイントはほお骨。日本人の顔型を大きくみせてしまう部分なのでここに髪がかかるようにします。

その際に隠しすぎると不自然なので、目尻1センチにすき間をつくりましょう。そうすると隠れすぎを防ぎちょうどいい具合になります。

 


「もっと隠しておきたいな」ショートヘアに慣れてないのなら、無理に短くしすぎない方がおすすめです。

理想はあってもひとまず無難な長さにしておくのもあり。それがあご上の長さです。

ほお骨だけでなくえら部分まで隠せると安心感があります。顔が包まれていると違和感が少ない。不安が大きい方は切りすぎないのもひとつの手です。

 

分け目にボリュームを出す

「ハチが張り四角くなりやすいから膨らむのが心配」短くできない不安要素のひとつですよね。

実は抑えようとすればするほど頭は四角くなります。それは引っ張って乾かすと分け目がはっきりつきトップのボリュームがなくなるから。頑張ってやっていたことが原因になってしまうのです。

髪型に必要なのはバランスです。

膨らんでいるかどうかではなく、膨らんで見えなければ全く問題ないし気になりません。

それがトップにボリュームを出すこと。短くするとこれがやりやすくなるので切る前よりも気にならなくなります。

 

無理に短くしなくてもいい

絶対切る!と思っていても、当日やっぱりやめておこうはよくあります。短くするのに勢いは必要ですが無理にやることではないです。

ヘアスタイルはあごより短いか長いかで雰囲気が大きく異なります。

今より切りたいけどショートになり過ぎるのが怖い時は、ひとまずあごより下の長さにしておきましょう。

輪郭がしっかり隠れ首がほどよく出るのでバランスがよく見えます。

しばらく過ごしていると慣れてきて「もっと切ってみようかな」と感じたらぜひあご上にチャレンジしてみてください。

切るのはいつでもできます。焦らずいきましょう。

 

自信がつくと不安はなくなる

「自分の髪でもこのヘアスタイルができるの知らなかった!」

似合うものが見つかると自信がついてきます。なのでどんな長さでもいいからまずはそれを見つけること。

そのためには髪型を変える必要があります。

理想はショートヘアだったとしても、そこに少しずつ切りながら近づくのもよい方法です。

もちろん一発でバッサリいくのもあり。でもかなり勇気がいること。

不安があっても大丈夫。最後には似合うショートヘアにたどり着きます。

そうなるような提案をして喜んでもらえたら嬉しいなと思っています。

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-Q&A, ショートヘア初心者の方へ

© 2021 ショートヘアのトリセツ