Q&A くせ毛 ハンサムショート

くせ毛で丸く膨らむけど、ハンサムショートにできますか?

「くせで丸くなるけどハンサムショートにできますか?」

メリハリのあるシルエットが特徴のハンサムショート。

大人でかっこいい印象のある髪型です。

たしかに丸みが多いとキュートな感じになりやすく、果たしてこの髪質でもできるのかと疑問に思われる方も多いです。

でも、そのようなくせでしたら問題なく仕上げられます。ワックスをつけるのは必要だけど、難しくないのでご安心ください。

 

膨らむ髪をなんとかしたい

伸びると丸くなる膨らみ。これをなんとかしたい。

毛量が多い、乾燥する、くせがある、そんな髪質の方はこのお悩みが必ずあります。

短くしても顔が大きく見えたり、似合ってないなと感じるのは、悩みをカバーできていないと起きてしまう。

なので、まとまりの良いカットをし、丸みが必要のない部分をタイトに仕上げなくてはなりません。

これを全てカットで行います。

 

全てが悪い髪ではない

膨らむ場所を中心に量を減らしタイトなシルエットに。また、丸みが必要な後頭部にはくせが残るようにカットしました。

「くせがある」その悩みは自分のすべての髪に悪さをしているのではと思いやすいけれど、実はそうではありません。

ハンサムショートはボリュームのメリハリが大切です。出すところを出し、抑えるところはしっかり抑える。

髪の毛全てが膨らむわけではなく、必要ない部分がぼわっとするから問題なのです。

そこはしっかり切り、逆にくせをいかし丸みを作りたい後頭部にはわざと残す。

全てが悪いわけではないんです。

 

よく考えたらパーマがいらない

今回のヘアスタイル、乾かしてワックスをつけた仕上がりです。

サラサラな直毛であればパーマが必要な質感ですが、くせがあればそれがいりません。

うまく扱えばくせはとてもいい素材。

丸くなる性格であればそれがメリットになるヘアスタイルにしたらいいんです。

くせと聞くとネガティブにとらえやすいけど、ぼくはとてもいいものだよなと思っています。

 

なるべく素材をいかしたい

どんなヘアスタイルがその人にしっくりくるかを考えると、それは髪質に逆らわずいかせるものです。

長持ちするし再現しやすい。無理をしないから伸びてもバランスが良い。

縮毛矯正やパーマの技術は進化しているけど、可能な限りカットだけで作りたい。

生まれて持ったものをぜひ大事にしてほしい。そう思っています。

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-Q&A, くせ毛, ハンサムショート

© 2021 ショートヘアのトリセツ