Q&A

ばっさりとショートにして失敗したと感じる原因はコレ

ショートにして失敗した…短いけど直せるものですか?

失敗したと感じるポイントがいくつかあるので、そこを少し切るだけでも改善されます。

 

「ばっさりとショートヘアにしたけど失敗したのでなんとかしてほしい…」

こう感じる方の失敗の原因はコチラ。

  • 思ったより丸く重くみえる
  • えりあしやサイドがパツっとし過ぎている
  • 後頭部のシルエットが違う

イメージしてたよりも膨らんで見えたり、丸くなったりしてしまうことで失敗したと感じたり、

短くてパツっとしていて顔になじんでないようにみえたり、後頭部のシルエットが下がっていて重くみえる。

特に大幅なスタイルチェンジをした時にそうなってしまう方が多いですね。

髪は短くすると丸く膨らむもの

日本人の髪質はほとんどの場合クセがあります。長いと気づかなくても、短くなるとクセが強く出ることがよくあります。

その中で多いのが、切ってみたら髪が丸くなってしまうということ。

丸くなると髪は重くみえるもの。正面から見てなんかボテっとしてしまう方はこのケースが多い。

そんな方には、丸くなる部分の毛量を減らしたり縮毛矯正をかけて対応しています。

特に、髪が多い方がこうなりやすいので毛先がペラペラにならないよう気をつけてもらいながら軽くしてもらうといいですよ。

サイドやえりあしはギザギザに

ショートヘアに1番必要なのはフィット感です。これを高めるには毛先をギザギザにすること。

顔まわりとえりあしの髪を先細にして、肌と髪の境目をなくします。ここがブツッとしているとなんだかウィッグを被ってるような違和感が出てきてしまう。

失敗してしまったという方も全体の雰囲気が似合ってないわけではなく、ここのちょっとしたところが重いためにそう感じてしまってるのかなと。

そんなちょっとしたところを切ることで、急に似合うショートヘアになっていきます。

 

後頭部の位置が下がっていることが多い

ショートヘアといえばバランスの良い横顔ではないでしょうか。

多くの人が理想の後頭部にするために短く切りたいと言う中で、ここがイメージと違うことが失敗したと感じやすいポイントでもあります。

よくあるのが、イメージよりも後頭部が下がっていること。

これは、そもそもえりあしが長いことが原因なので短くし毛量を減らすことで解決できます。

もし失敗したなと感じたら

まずは一度冷静になりましょう。

短くなりすぎた場合は時間がかかりますが、大概は手直しをすればなんとかなるものです。

焦らず理想のイメージと照らし合わせ、どこが気にいらないかを見つけてみると冷静になれますので。

そもそも失敗しないためにこれをしよう!

まず必ず伝えるべきことは、横と後ろの雰囲気を伝えること。

前から見たら同じようでも、違う角度から見たら全然違うものになるのが短めな髪型。

「思ったのと違って…」そうおっしゃる方に希望のヘアスタイルを聞いてみると、そのあたりが間違って伝わってしまったように思えます。

なので、正面以外の写真を2〜3枚見せたり、NGなものも見せるのもいい方法です。なかなか言葉で伝えるのは難しい。具体的なものがあることできちんと伝わりやすくなるものです。

コンプレックスをカバーし魅力をとっても引き出す髪型なので、もっと多くの方がショートヘアを楽しんでもらえるといいなぁ!そんな風に思います。

 

 



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-Q&A

© 2021 ショートヘアのトリセツ