Q&A

顔は隠すよりいかす⁉︎2センチ切ったらがらりと変わるショートヘア

そんなに短くはしたくないんだけど、雰囲気って変えれますか?

前髪と顔まわりのカットで変わることができます!

 

ある部分のカットで変えれます!せっかくですから、ついでに小顔にみせちゃいましょう!

ヘアスタイルにおいて、特にショートヘアは顔周りの髪の毛によって印象が変わります。

顔周りとは、お顔にかかる髪の毛のことで、

前髪、こめかみ、もみあげなどの部分をさします。

ショートにする時に、

「できるだけ顔を隠したいので、顔周りは長めにしたいです」

そんなオーダーを特にいただくところ。

顔をどう隠していくか、これによってがらりと雰囲気が変わります!

隠せば小顔にみえる!というわけではない

お顔をカバーするのに、輪郭は隠した方がいいですが、

大事なのは隠す量より、隠し方です。

全部隠したら小顔にみえるかというと、そういうわけではなく、

うまく隠すことで小顔効果はかなり高くなります。

顔型のどの部分を隠したら、小顔にみえるか

ポイントをおさえる必要があるんですよ。

ほお骨は隠しましょう!

日本人に多い顔型をカバーするには、ほお骨を隠すことが欠かせません!

僕たちは外国人に比べて、ほりが浅くほお骨が出ている人種。

顔が立体的に見えづらいため、まずは立体的にみせる必要があります。

それが、ほお骨を隠すこと。

ここを隠すことで、顔周りがしまり鼻や眉が高くみえます。

言うならば、ほお骨を隠しておけば小顔効果は充分得れるということなんです。

顔を隠すことばかりに目がいきがちですが。

ついつい顔を隠すことに集中しちゃいますが、ヘアスタイルに必要なのはバランスです。

全体的にふんわりさせた方が、顔型をカバーしやすいので、

トップや後頭部にボリュームは欠かせません!

今回のお客様は以前かけたパーマが残っているのでそれをいかしました。

くせのある方はそれをなるべくいかしましょう!

直毛でペタンコになる方は、ふんわりパーマをかけることをおすすめします。

ヘアスタイルに適度なボリュームがあるから、顔周りを短くカットできるともいえますね。

ということで、少しのカットで雰囲気を変えるなら…

顔をどう隠すかよりも、顔をどうみせるか

お顔のパーツをどうみせるかで、あなたの雰囲気が変わります。

それは表現するには、顔周りのカットをどうするかなんです。

ショートヘアは短いヘアスタイルなので、隠せる髪の毛が限られています。

「ショートヘアにしたら顔が大きく見えてしまった…」

そんな方は限られた髪の毛でうまくカバーできなかったということ。

そんな少しの違いで全く違う髪型に見えるのがショートヘアの面白いところでもありますし、

また気をつけなくてはいけないところなんです。

たった2センチのカットで印象がかわる

それができるのはショートヘアならではのこと!

雰囲気を変えるのに必要なのは、肌のみせかたなので、どこまでみせるか相談して

素敵なヘアスタイルにしていきましょうね!



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-Q&A

© 2021 ショートヘアのトリセツ