ショートヘア初心者の方へ

髪が膨らむ原因は人によって違いますか?

 膨らむ原因は人によって違いますか?

 それは3種類あります。何が原因かを見つけることが大事なことです。

 

「膨らむからショートにできないよ」

そう言われたことがある方はとても多い。

ぼくとしては、それは半分あっていて半分はそうでもないよなと思ってます。

確かに膨らんでまとまりがつかなくなると自分で再現できないのでオススメする理由がないですよね。

でも、果たして膨らむと短くできないのか。

決してそうではないんです。

膨らむ理由は3種類ある

良く膨らむといいますが、これは3つ原因が考えられます。

それはこれら↓↓↓

[list class="li-check li-mainbdr main-c-before"]

  • 髪が多くて硬い
  • くせ
  • ダメージ

[/list]

 

もし、自分の髪は膨らむなと思っていたらこの中のどれかが原因です。

解決するアプローチがそれぞれ違う

もし髪が多くて硬いことが原因だとしたら、毛量を減らし髪を少なくすることや、

パーマをかけ柔らかくすることで解消します。

くせが強くて膨らむならば、縮毛矯正をし伸ばしてしまえば問題ありません。

ダメージが原因なら、ヘアケアを充実させコンディションを良くすることでまとまりよくなります。

大切なことは、その膨らみの原因は何かを明らかにしてそれに合うアプローチをすることです!

髪の毛全部が膨らむわけではない

例えば髪が多かったとします。

それが原因で膨らむとして、全てを軽くしてしまったらいいかというとそうではありません。

その髪全部が膨らむのではなく、部分的にボリュームが出ているのです。

頭の部分によってペタンコになりやすいところもあるし、

毛量を減らすことで逆に膨らんでしまうこともあります。

これは他の原因(くせ、ダメージ)にも同じことが言えて、

膨らんでしまい短くできない理由は、3つの中のどれで、

さらにどこの部分の髪が影響しているのかまで考えることが必要です。

大概はなんとかなるもの!

短くできないと断られ続けると心が折れて、諦めたくなりますよね。

でも、もし予算も時間も許す限りやらせてもらえるとしたら、どんな悩みも何とかなります!

もちろんヘアスタイルによってはコテでまいたりスタイリングしてもらう必要はあるので、

乾かしただけでOKとまではいかないものもあります。

それでも原因さえ明確になればできないことはないんです。

だから、諦めずいきましょう。

最善の方法は必ずあります。



We Are kitsuki

髪質をいかした長持ちするデザインを。

カットできちんと形を作る。
再現性の高い髪型をつくるために、
素材を最大にいかす提案を。

ABOUT kitsuki hair ➡︎







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-ショートヘア初心者の方へ

© 2021 ショートヘアのトリセツ