ショートヘア初心者の方へ

レイヤーという切り方がショートヘアに欠かせないのはなぜか?

更新日:

 

後頭部を丸くしたい時は上の髪を短くします。

 

これはレイヤーという切り方で、シルエットを調整したり動きを出したい時につかいます。

 

特にゼッペキをカバーするのにレイヤーは必須。これをやることで自然な丸みを作ることができるからです。

 

ショートヘアを丸くする時はこのくらい上の髪を短くすることで良いバランスに。

 

 

後頭部のボリュームとつむじの関係際は深くて、ぼくはつむじの位置によってレイヤーをどのくらいいれるかを決めています。

 

基本的につむじより上の髪は、ボリュームが出やすい生えグセになっている。

 

髪は短くするとボリュームが出るため、ボリュームが出やすい部分を短くすることで、よりふんわりしやすくしているんです。

 

 

これを、真っ直ぐ切るか、縦にジグザグに切るかで仕上がりが変わるのです。

 

ジグザグに切るとなじみがよく、ボリュームを抑えたい時によくやります。

 

ですが、今回のようにボリュームを出したい時は真っ直ぐ切ることで丸みがしっかりと出るようになるんです。

 

ちょっとした切り方の違いでも、仕上がりに大きな差か出てきてしまいます。

 

 

レイヤーを入れるとこのように上が短くなります。

 

これよりもっと短くすると後頭部の丸みは上がり、長くすると丸みが下がります。

 

ここの部分をどう切るかで雰囲気が大きく違ってくるので、なりたいイメージに合わせて切り方を変えているんです。

 

 

丸みを出すというとパーマが必要だと思われる方もいらっしゃいますが、このくらいの丸みならカットでいけます。

 

スーパー直毛でペタンコになる場合はこの仕上がりでもパーマをかけることもありますがね。

 

また、このレイヤーという切り方は左右の頭の形の違いや、ハチ張りなど骨格の悩みをカバーするのに最適。

 

丸みのあるヘアスタイルにはレイヤーは必ず使われています。

 

これをどう使うかが、コンプレックス解決に大きく関わっているので、レイヤーという技術は世の中の為になってるなーとしみじみ感じております。

 

kitsuki (キツキ)
151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-40-8-1F
東京北参道の5席のマンツーマン美容室。
ホームページにご予約方法、料金など詳細を記載してありますので、ぜひご覧くださいませ。

ホームページ画面へ進む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹澤 幸佑

kitsuki オーナー ショートヘアを中心に、お悩みやコンプレックスをカバーし喜んでもらえるヘアスタイルをご提供します。  

プロフィールを見る

-ショートヘア初心者の方へ

Copyright© ショートヘアのトリセツ , 2020 All Rights Reserved.